読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

繋がっている

私は学校を卒業と同時にアパレル会社に就職しました。

それまでバイトの経験もまったくなかったので、働くこと全てが初めての経験でした。

お客様に声をかけることも、さらに接客を通して商品を買っていただくことも、はじめはとても難しかったです。

結果、接客業ではお客様との信頼関係を築くこともでき、喜んでいただけることにやりがいを感じることができました。

 

その後、私はある理由があり、看護と介護を学びたくて看護助手になりました。

そこでは多くのことを学びました。

命の尊さ、重さ、生について、死について、いろんなことを考えさせられました。

私の人生において最も貴重な経験でした。

 

その経験があったから仕事を辞めて父との大切な時間を持つこともできたし、父の最期も看取ることができました。

 

今現在、私は癒しに関係のある仕事をしています。

お客様の悩みを聞くことがとても多い仕事です。

 

よく考えてみると、全てが今に繋がっています。

 

病院での仕事では、はじめに接客業をしていたおかげで、私は躊躇することなく患者さんに接することができたし、いろんな気遣いもできたのだと思います。

現在はお客様の悩みを聞くことが多い仕事なので、心のケアの部分でも医療現場で働いていた時と、共通する部分がとても多いです。

 

職種は全く違うのになんだか不思議です。

 

無駄な経験は一つもないですね。

 

自分の判断で歩いてきた道は全て今に繋がっています。

 

そう思うと、どの場面でも真剣に取り組まなければ…と思います。

 

ひとつひとつの経験はいつか必ずどこかで役に立ちます。

 

宮島 ④

厳島神社と大願寺を後にして、次は少し山の方に上がっていきます。

しばらく歩いて行くと、橋が見えてきます。

f:id:nekohachi88:20170527231526j:image

f:id:nekohachi88:20170527231533j:image

f:id:nekohachi88:20170527231634j:image

大聖院  仁王門です。

f:id:nekohachi88:20170527231850j:image

階段に沿って大般若経筒(六百巻)があります。写真(右)

三蔵法師がインドより持ち帰った経でさわって参れば無量の福が得られるそうです。

f:id:nekohachi88:20170528012058j:image

大聖院  御成門です。

大聖院は空海が開いたとされる宮島最古の寺院です。

f:id:nekohachi88:20170527232607j:image

観音堂です。

大聖院の中で一番大きな建物です。

f:id:nekohachi88:20170527232758j:image

f:id:nekohachi88:20170527232808j:image

なぜか寺院に聖ミカエル像が…。

f:id:nekohachi88:20170527232937j:image

観音堂を過ぎて奥へ進むと階段が見えてきます。

この階段には摩尼車があります。写真(右)

一回まわせば般若心経一巻読んだ功徳を得られるそうです。

階段を上がって行くと…

f:id:nekohachi88:20170527233353j:image

摩尼殿です。

弥山の三鬼堂とこの摩尼殿には全国で唯一、鬼神が祀られているそうです。

大聖院には観音堂、摩尼殿、勅願堂、遍照窟、大師堂、霊宝館があります。

f:id:nekohachi88:20170527233443j:image

こちらは大師堂から見た風景です。大師堂の画像は無いのですが…(汗)

大聖院の中でも高台に建っているため、絶景ポイントです。

秋の紅葉の季節はここから眺める景色はとても美しいのでオススメです。

ちなみに大師堂の裏手に一願大師様が祀られています。

お願いごとを一つだけ叶えてくれるそうです。

f:id:nekohachi88:20170527235406j:image

大聖院は高台にあるため、景色がとても美しく、たくさんのお地蔵さんやお堂もあるのでとても見応えがあります。

ぜひ、行かれてみてください。

オススメです(^ ^)

f:id:nekohachi88:20170528000654j:image

次は紅葉谷公園に進みます。

弥山に登るためのロープウェイ乗り場の方に歩いていきます。

f:id:nekohachi88:20170528104947j:image

f:id:nekohachi88:20170528000939j:image

f:id:nekohachi88:20170528001018j:image

f:id:nekohachi88:20170528010556j:plain

紅葉谷公園のもみじは約700本あるそうです。

季節によっていろんな「色」が楽しめるのでそこがまた魅力です。

次は秋の紅葉も見たいです♬

f:id:nekohachi88:20170528001943j:image

f:id:nekohachi88:20170528002051j:image

紅葉谷公園の方から厳島神社周辺まで戻ってくると、少し陽が落ちてきていました。

大鳥居も海の中に…

f:id:nekohachi88:20170528002422j:image

海に浮かぶ大鳥居はとても神秘的です。

f:id:nekohachi88:20170528002640j:image

最後に帰りのフェリーの上から撮影しました。

何度も来ているのに…やっぱりまた来たいと思いました(^ ^)

 

宮島には他にもパワースポットといわれる弥山や宮島水族館(みやじマリン)など素敵なところがたくさんあります。

また機会があれば、記事を書きたいです。

 

神が宿る島、宮島には魅力がいっぱいです(^ ^)

 

宮島についての記事を連日、お付き合いいただいて感謝しています。

読んでいただいてありがとうございました(^ ^)

 

宮島 ③

千畳閣を後に、次に向かったのは厳島神社( 世界遺産 )です。

 

宮島といったら厳島神社が一番に思い浮かぶ方も多いと思います。

私が行ったこの日は干潮だったので、いつもは海の中の大鳥居の所まで歩いて行くことができました。(干潮からの6時間後が満潮です)

f:id:nekohachi88:20170526212433j:image

f:id:nekohachi88:20170526212620j:image

鳥居の下から見てみると…迫力ありますね。

高さ約16m、重さ約60tだそうです。

この大鳥居、海中に埋められているのではなく置かれてるだけらしく、自らの重みだけで立っているそうです。

台風が来ても倒れたことはないそうです。

本当に驚きです。

f:id:nekohachi88:20170526213208j:image

近くで見るととても大きな柱です。

宮島は島全体が御神体とされていたために海の中に大鳥居が建てられたそうです。

満潮時、干潮時で違う景色がそれぞれに楽しめるところが大きな魅力のひとつになっています。

個人的には満潮時の海に立つ大鳥居の方が神秘的で好きですね(^ ^)

 

早速、本殿へと進みます。

拝観料  大人¥300です。

f:id:nekohachi88:20170526214149j:image

f:id:nekohachi88:20170526214242j:image

f:id:nekohachi88:20170526214004j:image

朱赤がとても美しい回廊は何度通っても感動します。

この回廊の床板は釘を使っていないそうです。

その床に隙間があいているのは高潮時に床下から海水が上がってくる圧力を弱めるためだそうです。

海の上に建っているのでたくさんの工夫がされているようです。

f:id:nekohachi88:20170526214511j:image

いつも不思議に思うのですが長く続く回廊からご本殿が全く見えてこないのです。

見えそうで見えない…不思議な構造です。

f:id:nekohachi88:20170526220720j:image

干潮時にだけ現れる鏡の池です。

f:id:nekohachi88:20170526220835j:image

ここから見える五重塔も美しいです。

f:id:nekohachi88:20170526221056j:image

f:id:nekohachi88:20170526221141j:image

大鳥居を背に…ご本殿です。

海の神の三女神が祀られています。

本殿の広さは日本一だそうです。

f:id:nekohachi88:20170526221315j:image

f:id:nekohachi88:20170526221346j:image

今度はご本殿を背に…大鳥居です。

ちなみに今回撮った写真の中で一番気に入ってる写真です(^ ^)

f:id:nekohachi88:20170526221636j:image

反橋です( 重要文化財)

f:id:nekohachi88:20170526221816j:image

朱赤が美しく、なんともいえない神秘的な空間でした。

大鳥居も御本殿も海に建つという他にはない神社だからこその、隠れた工夫と美しさの追求がたくさんされているように思います。

日本の誇れる技術です。

日本の職人さんは本当に素晴らしいですね。

何度訪れても毎回感動してしまいます。

 

 

次は…大願寺です。

厳島神社を出るとすぐ隣にあります。

弁財天が祀られています。(日本三弁財天のひとつ)

今回、画像は無いのですが、こちらには九本松の隣に龍神の社があります。

この龍神の社は密かに⁇パワースポットと言われています。

でも私がオススメするのは白檀を使用した高さ約5mの厳島大仏  不動明王です。

迫力があり、でもどこか優しげな不動明王で私が今まで見てきた不動明王の中では一番の美しさを感じます。

残念ながらこの不動明王の写真撮影は禁止されているので写せませんでしたが、行かれた際には是非ご覧になっていただきたいです。

オススメです(^ ^)

 

次は大聖院へ進みます。 

宮島 ②

ひょう猫の森 & フクロウの森を出ると早速、桟橋付近で鹿がお出迎えです(^ ^)

 

 f:id:nekohachi88:20170525224051j:image

宮島には現在、約500頭の鹿が生息しているそうです。

ちなみにエサを与えてはいけません。なんでも食べちゃうので持ち物には注意してください。

 

さらに奥へ進んで行きます。

 

観光客で賑わう表参道商店街に入って行くと、その中の一角で世界一の大杓子が展示されています。

f:id:nekohachi88:20170525225320j:image

長さ7.7m   最大幅2.7m   重さ2.5トンの大杓子です。

宮島は杓子の生産量 全国一だそうです。

「幸せをめしとる」という意味の縁起物です。お土産にも良いですね(^ ^)

私も宮島杓子をずっと使っています♬

 

商店街をぬけると大きな鳥居の登場です。

f:id:nekohachi88:20170525224533j:image

 

その先をまだまだ進んで行くと、厳島神社の横の高台になにか見えてきます。

f:id:nekohachi88:20170525230849j:image

階段を上がると…

f:id:nekohachi88:20170525230949j:image

千畳閣 (豊国神社) です (重要文化財)

拝観料は¥100で、靴は脱いで中へ入ります。

f:id:nekohachi88:20170525231521j:image

光が差し込むため、とても明るいです。

f:id:nekohachi88:20170525231604j:image

この千畳閣は建立を命じた豊臣秀吉が建設途中で急死したため、未完成のままになっていて、壁も天井板もありません。

未完成というこの状態がなんとも不思議な魅力となっています。

f:id:nekohachi88:20170525232526j:image

天井板が無いため、天井はこんな感じです。

f:id:nekohachi88:20170525232656j:image

f:id:nekohachi88:20170525232804j:image

大きな柱がたくさん立っています。

f:id:nekohachi88:20170525233158j:image

高台にあるため、上からの眺めもとても綺麗です。

 

そして、千畳閣の隣には五重塔 (重要文化財)

日本に残る五重塔は22あるらしく、そのうちの一つだそうです。

f:id:nekohachi88:20170525233421j:image

朱赤がとても鮮やかで、本当に美しいです。

中へ入ることはできませんが、外観だけでも充分満足できます。

 

私は宮島の中でこの千畳閣が一番好きな場所です。

ここへ来ると一時間位、座ってぼーっとしています。

 

今回は千畳閣と五重塔の紹介でした。

この場所は比較的、人も少ないのでゆっくり楽しめると思います。

ぜひ、行かれてみてください。

オススメです(^ ^)

 

次は厳島神社に進みます。

 

宮島 ①

先日、元気をもらいたくて私の大好きな場所、宮島に行ってきました。

本当に大好きすぎて、もう何度行ったことでしょう(^ ^)

今回は数回に分けて宮島の魅力についてご紹介させていただこうと思います。 

 

f:id:nekohachi88:20170524232714j:image 

まず、宮島口から運行されているフェリーに乗って出発です。

( 片道料金 大人 ¥180・小人 ¥90 )   約10分程度で宮島に到着します。

 

到着後、フェリー乗り場を出て、そのまままっすぐ進むとこんな癒しの空間があります。

 

f:id:nekohachi88:20170524221527j:image 

厳島ひょう猫の森 & 厳島フクロウの森

 

まずはひょう猫の森からご紹介♬

 

f:id:nekohachi88:20170524223117j:image 

入館料は大人 ¥780 (30分)・ 子供(12歳以下)  ¥580 (30分)   ※ワンドリンク付きです。

このひょう猫の森は、ベンガルキャットのみを揃えた世界初の専門の猫カフェなのだそうです。

f:id:nekohachi88:20170524223838j:image

高い木の上もへっちゃらです♬

ヒョウ柄がとても美しいです。

 

f:id:nekohachi88:20170524224246j:image

たくさんいますよ。

 

f:id:nekohachi88:20170524224345j:image

ちょっとひと休み。

 

とても人懐っこくて、お客さんの膝の上で寝てるコもいました。

私は猫が大好きなので、久しぶりに猫と触れ合えてとても嬉しかったです。

自然と笑顔になりました(^ ^)

 

次はフクロウの森です♬

 

入館料は大人 ¥600・子供 (12歳以下) ¥400

※時間制限なし

f:id:nekohachi88:20170524231208j:image

まんまるで羽がフサフサです。

f:id:nekohachi88:20170524231338j:image

f:id:nekohachi88:20170524231354j:image

f:id:nekohachi88:20170524231412j:image

びっくりしてるように見えますね(笑)

写真右のフクロウはとても小さなフクロウでほんとに可愛いかったです。

 

こんなに近くでフクロウを見たり触れたりする機会はないのでとても貴重な体験ができました(^ ^)

 

私は今回、両方の森に入館したので、セット料金で¥1,300でした。少しお得でした。

 

ひょう猫の森は1階、フクロウの森は2階と、それぞれ小さな空間なのですがとても楽しくて満喫できました♬

 

次回は宮島の奥へ進みます(^ ^)

 

言葉の力

自然のままで逆らわずに

ありのままでいい…

 

私が辛く苦しんでいた時に、とても信頼している方からかけていただいた言葉です。

 

悲しい時は悲しいと素直に思っていい…と。

 

私には我慢する癖があります。

 

温かい言葉に触れて、思わずたくさん泣いてしまいました。

 

そして、とても救われました。

 

言葉の力はすごいです。

 

シンプルな言葉が胸に響きます。

 

たくさん泣いて、心が軽くなりました。

 

辛く、悲しい時に、手を差し伸べてくれる人がいることは幸せなことですね。

 

私もそんな温かい「光」になりたいです(^ ^)

 

f:id:nekohachi88:20170524102709j:image

今日はとても天気です。

 

空を見上げるととても可愛い雲が…♬

 

モコモコしていて、乗れそうで、思わず笑顔になりました。

 

f:id:nekohachi88:20170522132914j:image

 

ブログをはじめてから、まだあまり経ちませんが、記事に対するコメントをいただけたりと、とても嬉しく思っています。

 

温かい繋がりをいただけて、本当に幸せです。

 

出逢いは奇跡です。

 

大切にしていきたいです。

 

空を見上げるとみんなひとつに繋がっています(^ ^)