天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

夕景②

f:id:nekohachi88:20170821093707j:image

夕方の空の写真です。

山の上が真っ赤に染まっていました。

なんだか強いエネルギーを感じるような真っ赤だったので…まるで「情熱をもって頑張れ」と言われているようでした(^ ^)

私は「頑張れ」という言葉が好きです。

そう言われると「頑張らなきゃ」という気持ちになって、ますますやる気が出てきます(笑)

応援してくれてるのかな…と思うと、とても嬉しくなります。

 

もっともっと頑張ろう…(^ ^)

これから

「お母さんは僕を許してくれたのでしょうか…?」

「ちゃんと天国にいけたのでしょうか…?」

少し泣きそうな顔をして、私に聞いてきました。

 

その子はとても若い頃に、突然のお母さんとの別れを経験しています。

その別れはとても壮絶で辛く悲しいものでした。

そして、その日から彼はずっと自分を責めてきたようです。

決して彼のせいではないのに…。

 

「許すもなにもはじめからお母さんはそんな風に思ってないよ。お母さんは〇〇君が可愛くて仕方がなかったと思う。今でも愛してるに決まってる。」

そう話すと、少しホッとした様子で「お墓参りに行ってきます。」とちょっとだけ笑顔になってくれました。

 

地元を離れて、私が今のお店で働き始めてから、もう10年以上になります。

これまでたくさんのお客様が「彼女(彼)が出来ました」「結婚することになりました」「子供が産まれました」と嬉しい報告をしてくれました。

成人式の日にはすごくかっこいい袴姿( みんな少しヤンチャですが… 笑 )や、とても綺麗な振袖姿を見せに来てくれます。

「かっこいいね〜」「とても綺麗」と言うと、照れながら「ありがとうございます」と…なんだか少し大人の表情を見せてくれます。

私にとって、人生の大切な瞬間を少しでも共にできることは、とても嬉しいことです。

 

時には叱ることもあるんです。
叱られても、叱られても、それでもやっぱりまた顔を見せに来てくれます。
愛を求めているのでしょうね…。

 

人の人生はさまざまです。

楽しいことばかりではありません。

年齢は関係なく、深い悩みや辛いトラウマをもった方はたくさんいらっしゃいます。

せめて自分が関わった人達には少しでも多く安らげる日々を過ごしてほしいです。

ぐっすりと眠れる日が一日でも多くあってほしいです。

 

お母さんのことで自分を責めていた彼にも、いつか温かく安らげる「自分の居場所」を見つけてほしいです。

生きる希望をもってほしいです。

嬉しい報告が聞ける日を首をながーく……待とうと思います。

 

f:id:nekohachi88:20170820210946j:image 

今朝、真っ白な朝顔が空に向かって咲いていました(^ ^)

仕事に向かう途中、田んぼの緑がとても綺麗だったので写真を撮りました。

f:id:nekohachi88:20170817223706j:image

田んぼの隣には川が流れています。

木と木の隙間からそっと覗くと…

f:id:nekohachi88:20170817223923j:image

サギが水辺でくつろいでいました。

真っ白でとても美しい鳥です。

近くにはもう一羽、少し大きくて色の違うサギがいました。

f:id:nekohachi88:20170817224059j:image

f:id:nekohachi88:20170817224200j:image

近づいたり、離れたり、また近づいたり…とても仲良しの二羽でした(^ ^)

川の周辺には桜の木などたくさんの木が生えています。

ミーンミーンとかなり近くで鳴いているので、辺りを探してみると…

f:id:nekohachi88:20170817224616j:image

セミがいましたッ♬

f:id:nekohachi88:20170817224656j:image

最近では木にとまっているセミの姿をあまり見る機会がなかったので見たいなぁ…と思っていました。

写真が撮れてよかったです(^ ^)

 

日本には四季があります。

春、夏、秋、冬、その季節ごとに自然はさまざまな「色の世界」を魅せてくれます。

目で見て、音を聞いて、肌や匂いで感じて…そうやって五感をたくさん使うことで感性は磨かれます。

四季をはっきりと感じることのできる日本に生まれてよかったです。

次は「秋」ですね。

毎年どんな「色」を魅せてくれるのか、いつも楽しみです(^ ^)

 

写真

過去に写したものなので季節もバラバラなのですが、個人的に好きな写真なので見ていただけると嬉しいです(^ ^)

 

f:id:nekohachi88:20170817115148j:image

白い藤の花です。白色は珍しいそうです。

f:id:nekohachi88:20170817115208j:image

紫陽花です。小さなまん丸がたくさんでした。

f:id:nekohachi88:20170817115231j:image

綿毛です。もうすぐ何処かへ飛んでいくのかな…

f:id:nekohachi88:20170817115254j:image

ここからは明治神宮で撮った写真です。

この時、カメラを持参していなかったのでスマホで撮りました。

少し画像が悪いかもしれませんが…(汗)

f:id:nekohachi88:20170817115321j:image

f:id:nekohachi88:20170817115344j:image

f:id:nekohachi88:20170817115502j:image

f:id:nekohachi88:20170817115429j:image

f:id:nekohachi88:20170817115530j:image

f:id:nekohachi88:20170817115557j:image

ブロッコリーのようなまん丸のご神木でした。

二本の木が一体になっていて「夫婦楠(めおとくす)」として親しまれてきたそうです。

明治神宮はこの時はじめての訪問だったのですが、まるで森の中にいるようでとても癒されました。

また必ず行きたい場所です(^ ^)

f:id:nekohachi88:20170817115622j:image

最後の写真は先日、家の近くを散歩した時に写したものです。

緑がとても美しかったです。

 

今日も良い一日を…(^ ^)

天色

私は色の世界と空が大好きです。

私のブログのタイトルでもある「天色(あまいろ)」とは、晴天の澄んだ空のような鮮やかな青色のことです。

 f:id:nekohachi88:20170815130730j:image

空を見上げた時のように元気になれたらいいな…と思い、ブログのタイトルを「天色の好きなこと」にしました。

 

 

私の働くお店のお客様で、原因不明の激痛に毎日苦しみながらも日々を過ごしている方がいらっしゃいます。

大学病院に通院はされていますが、はっきりとした病名がわかっていないため、きちんとした治療法もありません。

この激痛が永遠と続くのか…とはじめは絶望感でいっぱいだったと思います。

「死にたいと思ったこともあるよ」とさらっと話されたこともあります。

言葉が出てきませんでした。

 

その方のすごいところは、その激しい痛みの中で、いろんな物を作るんです。

例えば、根付けだったり、置物だったり、木彫りだったりジャンルは色々なのですが…作品の完成度には本当に驚きます。

職人さんのようです(^ ^)

毎日を痛みと共に過ごしているから、意識を作品に向けているそうです。

痛みのひどい時は、寝たままの状態で作ることも多いようでした。

それでも作品を作るために、使う素材になるものはないか…と探しにうちのお店に時折、来られます。

 

お話をしている時、痛みで顔をゆがめることが度々あります。

とても辛そうです。

私にはどうすることもできません。

そんな場面を見るたびに、自分の無力さを思い知らされ、何もできない自分に悲しくなります。
私にできることはなんだろう……

唯一、私にできること、それは来られた時には、楽しい会話をし、楽しい時間を一緒に過ごすことくらいでした。

痛みが出ない日は、1日たりとも全くないそうです。

それでもその方はいつも笑顔で話されます。

そしてその笑顔がとても素敵なんです。

 

たくさん会話をして、冗談を言い合って、たくさん笑うこと。

今はそれしかできないけど……

 

私には目標があり、勉強中です。

まだ一歩前進した程度なのでなかなか思うようには進みませんが…でも頑張ります。

そしてその目標がクリアできた時には、もしかしたら少しだけでもお役に立てる日が来るかもしれない…と希望を持っています。

諦めなければなにかが変わると思っています。

晴れた日の空のように…いつか心と身体が元気になるお手伝いができる日が来たら嬉しいです。

約束したので…頑張ります(^ ^)

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

晴れた日の空のように笑顔で過ごす日々がみなさんにもたくさん訪れますように…(^ ^)

 

青空

先日、仕事が終わってふと空を見上げると…建物と建物の間からとても綺麗な青空が広がっていました(^ ^)

f:id:nekohachi88:20170814001056j:image

私は空が大好きなのでつい空の写真ばかり撮ってしまうのですが…

黄色の壁に青い空で、なんだかとても元気になります(^ ^)

どんなに忙しく過ごしていたとしても、空を見上げたり、道に咲いてる花に目を向けたり、ほんの少しの時間でいいので、心にゆとりを持つことは大切ですね。

何気ない日常の中にも癒しになるものがたくさん存在します。

 

こちらは今日の夕方の空です。

金色に光っていました。

同じ空でも見るたびに違う景色を楽しませてくれます。

自然は本当に美しいです。

f:id:nekohachi88:20170814003154j:image

 

明日も何か発見できたら嬉しいな…(^ ^)

 

いもうと

私には幼なじみがいます。

その子の妹は知的障害をもっています。

はなちゃんです。(仮名)

はなちゃんは小さい頃からお兄ちゃんにたくさん愛され、たくさん守られてきました。

 

小学生の頃の話です。

プールの授業の時にこの学校の生徒では無いはなちゃんが突然やってきて、そのプールに飛び込んだのです。

みんなびっくりしてどうしていいのかわからなかった中…お兄ちゃんはすぐにプールに飛び込みました。

周りのことは全く気にせず、はなちゃんを助けるために。

ナイトだ…と子供ながらに胸が熱くなったのを覚えています。

 

子供の頃、居間でくつろいでいると、突然、はなちゃんはやってきます(笑)

ダダダダ…と走って我が家に入って来ては、うちの家のカレンダーを一枚一枚めくっては、何かを暗記しているようでブツブツと…満足したら今度はそのまま走って出ていきます。

そしてまた、別の日、はなちゃんはやって来ます。

普通ならとてもおかしな光景なのですが…不思議と誰も何も言いません(笑)

(私の友達はいまだに知らないと思いますが…笑)

「はなちゃん、いらっしゃい…」それがいつもの日常というか、自然な光景だったのです(^ ^)

 

お兄ちゃんはいつでもはなちゃんが愛おしくて愛おしくてたまらないようでした。

友達の家にはお父さんがいません。

なので尚更だったのかもしれません。

いつでも妹を大切に見守ってきました。

ナイトのように…。

 

そんなはなちゃんももう大人の女性です。

今では、はなちゃんに会うことはなくなりましたが、友達からは、はなちゃんの近況はよく聞いています。

はなちゃんの成長を嬉しそうに私に話す友達の声を聞いていると私まで嬉しくなってきます。

 

実際は今まで辛く大変なこともたくさんあったと思います。

でも友達を見ていると、そんなことは全く感じないんです。

はなちゃんのお母さんもそうです。

とても明るいお母さんです。

はなちゃんがいるから家族が幸せなんだと思います。

はなちゃんが幸せをたくさん運んできてくれてるんだと…。

友達はこれからも永遠にはなちゃんの「ナイト」でい続けることと思います。

 

私も久しぶりに、はなちゃんに会いたくなりました(^ ^)