天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

今日の景色

今日は少し時間があったのでいつもの川に行ってきました。

f:id:nekohachi88:20180214182501j:image

水仙がたくさん咲いていました。

f:id:nekohachi88:20180214182541j:image

これは何かな⁇

f:id:nekohachi88:20180214182758j:image

真っ赤な色合いが素敵です。

f:id:nekohachi88:20180214182608j:image

なんだかフサフサしています。

f:id:nekohachi88:20180214182637j:image

大きな穴を覗いてみると…中はまるで小さな森のようです。

誰か住んでいるのかな⁇(^ ^)

f:id:nekohachi88:20180214182822j:image

f:id:nekohachi88:20180214182708j:image

今日も鴨たちがいましたよ(^ ^)

f:id:nekohachi88:20180214182738j:image

水面に浮かぶ樹々が美しいです。

f:id:nekohachi88:20180214182925j:image

少し陽が落ちてきました。

f:id:nekohachi88:20180214182949j:image

なんていう鳥なのでしょう…?

色鮮やかで姿もまんまる♪♪

可愛いです。

f:id:nekohachi88:20180214183017j:image

鴨たちもそろそろお家に帰るのかな(^ ^)

f:id:nekohachi88:20180214183035j:image

水面に夕陽が美しく光っていました。

冬の景色は決して色鮮やかなものではないのですが、私はこの静かな色合いもとても好きです。

川も鳥も樹々も…全てに生命の力強さを感じます。

 

今日も一日お疲れ様でした。

ゆっくりと休んでくださいね(^ ^)

子供たち

私のところには子供たちがたびたび訪れます。

子供たちといっても、20歳を過ぎているので立派な大人なのですが…私にとってはまるで子供のようで(^ ^)

その中に、数名、心に傷を持った子供たちがいます。

その子たちは幼い頃や多感な時期に言葉では言い表せないほどのとても辛い経験をしてきました。

壮絶な過去です。

幼い頃の親と子の関係はとても重要です。(親の威厳もとても重要だと思っています)

それは両親が揃っているとか片親だからとかはまったく関係ありません。

どう向き合ってきたのか…心の問題です。

 

心に傷を持った子供たちは、大人になってからもその時の影響を大きく受けてしまいます。

人間関係でも、恋愛でも。

苦しみはずっと続くのです。

大人たちによって、言いたいことも言えず、常に上から押さえつけられてきた子供たちも同じです。

未来に夢を抱く心を失います。

 

人との距離感がわからない…

感情表現ができない…

極端に気持ちが冷めている…

過激な言動、行動…

人を傷つけたい…

全ての感情が「過剰」になります。

とても悲しいことです。

 

私のところに来る子供たちも、楽しいことは何もない…希望はない…

と言いながら、それでもなにかを求めて、顔を見せに来てくれます。

少し話をするだけでなにか「安心」したような穏やかな表情を見せてくれます。

いつも不安なのでしょうね…

 

温かいものを感じたい

甘えられる場所がほしい

寂しい…寂しい…と心が泣いているのを感じます。

 

何度も何度も受けてしまった心の傷は決して消えることはありません。

子供たちがいつの日か、心から笑える日が来ること

「安心」できる日が来ること

「希望」を持つ日が来ること

自分の力で前に進む日が来ること

時には叱りながら…見守りたいと思います。

 

今の子供たちがこれからの未来を創るのです。

 

先日、kaorinさんのブログ記事を拝読させて頂いて、その内容に、とても深く考えさせられました。 

kao-kao.hatenablog.jp

kaorinさんのブログは愛が溢れています。

いつもありがとうございます。

感謝しています。

  

 

 

f:id:nekohachi88:20180204104245j:image

まずは自分自身を信じる。

人の噂には流されず、自分の目で見て、心で感じて、冷静に判断することが大切ですね。

 

サザンカ

 

f:id:nekohachi88:20180201173721j:image

寒い中、サザンカが美しく咲いていました。
どんな環境でも関係なく、
たとえ気付かれなかったとしても
その瞬間を命の限り咲いています。

 

f:id:nekohachi88:20180202101154j:image

人もお花も「ありのまま」が美しい。

夜の風景

夜の風景です。

f:id:nekohachi88:20180127213859j:image

ちょっとピンボケしているのですが川の流れが綺麗だったので(^ ^)

f:id:nekohachi88:20180127214131j:image

水面に映る光がとても幻想的です。

 

ここから下の写真はストロボ撮影をしています。

f:id:nekohachi88:20180127214305j:image

f:id:nekohachi88:20180127214348j:image

「お月さま」と「木」

f:id:nekohachi88:20180127214442j:image

黄金色のススキです。

f:id:nekohachi88:20180127214531j:image

今回、写した中で一番好きな写真です。

キラキラ光っているように見えて、まるで「魔法のほうき」のようです(^ ^)

みなさんの願いが叶いますように…✨✨

 

同じ場所でも昼間と夜間では見え方が違ってきます。

それぞれに違う魅力がありますね。

 

でも…夜の撮影は本当に難しいです(汗)

もっと勉強しなければ!…(笑)

 

今日も見ていただいてありがとうございました(^ ^)

 

 

夜の樹木

昨日の夜、仕事が終わって外に出ると、雪がちらついていました。

そんな中、駐車場までの道のりをてくてく歩いていたら…

ライトに照らされている一本の木。

毎日通っている場所なのに今まで気付かなかったな(^ ^)

とても美しく、思わず写真を撮りました。

(携帯から撮った写真なのであまり綺麗には撮れていませんが…。)

f:id:nekohachi88:20180127080344j:image

真っ暗な中にオレンジ色や黄色の葉。

とても綺麗。

寒さが厳しい帰り道、思わず笑顔になりました。

 

生きていたら辛く苦しいこと、自分の力ではどうすることもできないこともたくさん起こります。

でもその時、その部分にばかり囚われてしまうのは心にも身体にもよくありません。

考えても考えなくても同じ一日は過ぎていきます。

ならば、少しでも心が元気になるように工夫をしたいですね。

その方法は決して特別なことをしなくても暮らしの中にたくさんあります。

人とお話しをしたり…

道に咲いているお花を眺めたり…

音楽を聞いたり…

料理をしたり…

私の場合は、カメラ(発見)かな…(^ ^)

シンプルなことでいいのです。

苦しい時こそ、意識して「心にゆとり」を持つように心がけたいですね。

 

私たちの人生は毎日少しずつ前へ進んでいます。

良い方向へも、悪い方向へも。

全て自分次第です(^ ^)

 

 

 

永遠に

たとえ姿かたちは無くなっても魂は永遠です。

記憶も思い出も笑顔もその時のまま…永遠です。

ゆっくり休んでね。

いつかまた…

f:id:nekohachi88:20180126093850j:image

f:id:nekohachi88:20180126094618j:image

今ある命に感謝して…