天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

迷信

仕事をしていて、お客様から、数字の「4」は縁起が悪いから嫌だとか、「4」は避けてください…とかよく言われます。

 

いつも不思議に思います。

 

私は「4」は嫌いな数字ではありません。

 

むしろ好きな数字の一つです。

 

良くなるの「4」とか、幸せの「4」とか、四つ葉のクローバーも連想させてくれるし、なんだか幸運を運んでくれそうで私はとても好きです。

 

それに「4」という形も好きですね♬

 

 

 

場所もそうです。

 

よく、◯◯にカップルで行ったら別れるらしい…など。

 

でも、基本的に結婚する相手は1人です。

 

と、考えるとその場所に行ったから別れたわけではなくて、結婚までいく可能性の方が圧倒的に少ないので、結果的に別れる可能性の方が高くなる = あの場所に行ったから別れた → 迷信になる

 

やっぱり不思議です。

 

運命の相手なら、必ず成就しますよね…きっと(^ ^)

 

なので、この迷信も私は気になりません。

 

 

 

「友引」もそうです。

 

以前、お寺のご住職にお話を伺ったことがあるんですけど、元々は「友を引く」とかそんなネガティヴな意味ではなかったと言われていました。

 

本来は、「共引」という漢字だったらしく、勝負がつかない(引き分け)を意味し、勝負事は避ける日だったようです。

 

「共引」と記されていた漢字が、時代の流れと共に「友引」と変化していったそうです。

 

友引の日には葬儀をしてはいけないとか、そもそもそれは迷信であって、なんの根拠もないのです。

 

もし、現在も使われている漢字が「共引」のままだったら、きっとそうはならなかったのかもしれないと思うと…なんだか少し不思議に思えてきます。

 

 

 

また、迷信とは少し違う話になるんですが…

 

自分が良いと思うことと嫌だなぁと思うことは実は表裏にあったりします。

 

でも、その時に良いほうに目を向けてそれをプラスに考えることができたら、気持ちの部分でもっと楽になれるのかもしれません。

 

人間関係でもきっと同じですよね。

 

迷信でも、人間関係でも、良い部分を探してみたり、見る角度を少しだけ変えてみると、毎日がもう少し楽しいものになるような気がします。

 

探してみてください(^ ^)