天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

オススメの本

今日は、私のオススメの本を紹介します。

 

[ 最後に伝えたかったこと ]   故人に届けたい47のメッセージ 

文・絵    瀧本 光静

 

f:id:nekohachi88:20170328160058j:image

 

この本のはじめに、著者からこのようなメッセージが綴られています。

 

この本は、誰かに見せるためではなく、葬儀や法要の際に、遺族が故人に宛てた言葉をそっと書き留めていたものでした。

私たちは身近な人が亡くなったとき、その人への愛情が頂点に達するのと同時に、慣れ親しんだ甘えにより、伝えずに済ませてきてしまった多くの言葉があったのだと気づくのかもしれません。

今、一番あたり前の存在になっている人が、もっとも大切な人であることを忘れないでください。

 

そして…身近な人へほど「想いは言葉にして伝えることが重要」と書いてありました。

 

 

私がこの本に出会ったのはもう何年も前になります。

私は病院で仕事をしていたことで、多くの方との出会いと悲しい別れを経験してきました。

そして介護職だったこともあり、それまで疎遠になっていた父の最期を看取ることもできました。

自分の身内が病気になったことで、あらためて私は多くのことを考えさせられました。

生きること、死ぬということ、告知について…たくさん考えされられました。

でもいまだに答えは出ていません…。

 

でもこれだけははっきりとわかります。

いつもあたりまえのように側にいる人達と、明日会えるとは限らないということです。

若くてもそれは同じです。

私は、そのことで今まで沢山後悔してきました。

 

感謝の気持ちや伝えたい想いを言葉にすることはとても大切です。

 

ご両親、ご家族、恋人、お友達…みなさんにも大切な人がいると思います。

この本が、みなさんの大切な人ときちんと向き合う良いきっかけになれば、とても嬉しいです。

 

ぜひ、機会があれば一度、読んでみてください。

 

オススメです(^ ^)