読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

環境に慣れる

私は仕事でタイに行く機会が定期的にあります。

 

仕事で行くのでツアーのような良いホテルにも泊まらないので、セキュリティも少し不安だったりします(汗)

 

10年以上前、初めてバンコクを訪れた時は、食事も口に合わなくて、本当に大変でした。

 

常備していたカロリーメイトばかり食べていたことを思い出します。

 

うちの社長はとてもグローバルな人です。

 

その国の習慣や環境に順応するのがとても早い人です。

 

バンコクに来たならば「現地のものを食べなさい」と日本料理のお店には連れて行ってくれません。

 

異文化に触れることは大切だと。

 

フードコートに行ってもスプーンなどの熱湯消毒用の水がすでに濁っていて…

駄目だ…やっぱり食べられないと思いつつ、何も食べないわけにはいかず、スプーンをウエットティッシュで拭いて、はじめは無理やり食べていました。

 

日本の当たり前がここでは違うので、初めは本当に大変でした。

 

トイレもそうです。

 

ある場所でトイレを借りると便器とホースだけがあってトイレットペーパーはどこにもありません。

 

どうやってしていいのかわからず、一旦外に出てやり方を聞くと、どうやらトイレットペーパーの代わりにホースの水で洗うようなのです。

 

無理…絶対出来ない…と断念して、周辺のホテルを探してはそこでトイレを借りたりしていました。

 

実際、タイはトイレットペーパーもないところが多いです。

(百貨店やショッピングセンターにはきちんと設置してあります)

 

貧富の差が激しいのでトイレットペーパーを置いていてもすぐに盗られてしまうようなのです。

 

なので、バックパックには毎回、トイレットペーパーを入れて移動していました。

 

果物を買ってきてホテルで食べたときなんかは、そのままテーブルの上に残った果物を置いて寝ると翌朝、果物の周りにはアリがたかってしまいます。

 

日本のホテルではなかなかないですよね…初めは全てが慣れなくて本当に大変でした。

 

何より、私はタイ料理がすごく苦手だったので、ハードな仕事の後の食事がきちんととれなくて、それが一番辛かったです。

 

日本は食べ物も美味しいし、衛生面でもサービス面でも、全てにおいて本当にすごいです。

つくづくそう感じます。

 

でもその反面、日本は衛生面でも綺麗すぎて、逆に菌に弱い体になっているような気がして、少し危機感を感じます。

サービスの面でもタイはある意味、少し適当な感じのゆるさがあって、お客さんもとてもおおらかです。(日本では完全にクレームになるところです)

逆に日本はサービスが徹底しているからこそ、お客さんの目もとても厳しくなるのだと思います。

 

どちらがいいのか…という感じです。

 

 

話は戻りますが、それからも何度も何度もタイを訪れるうちに初めは無理だと思っていたこともだんだんと平気になってきました。

 

今ではすっかり慣れて(^ ^)

 

食事も美味しいと感じるようになったし、飛行機から降りた時に感じるタイ独特な匂いも懐かしく感じるようになりました。

 

やっぱり、環境に慣れることは大切ですね。

 

そして慣れるものですね…。

 

何度も行っている間に、緊急で救急車に乗ることもあったり、怖い思いをしたり、熱中症になったり、いろんな経験もしました。

 

でもなんとかなるものですね(笑)

 

人間はたくましいです(^ ^)

 

新しい場所で新しいことを色々経験することで、タイの良さもわかったし、母国の良さもより感じられるようになりました。

 

タイは「微笑みの国」と言われるように、みなさんとても笑顔が素敵で、暖かいです。

 

異文化に触れることで私はたくさんの発見をすることができ、たくましくもなりました。

 

いろんなものの見方や価値観にも大きな影響があったように思います。

 

今ではタイに住んでもいいかな…と思えるくらいタイが大好きです(^ ^)

 

 

ちなみに、タイでは熟れてるマンゴーも、熟れていないマンゴーもどちらも食べるのですが、そのまだ熟れていない硬めのマンゴーはリンゴのような食感でとても美味しいです♬

あと、屋台で売っているオレンジジュース(絞って容器に入れて作っている)もすごく美味しいです♬

タイに行かれたら是非、お試しください。

 

オススメです(^ ^)

 

f:id:nekohachi88:20170418155328j:image