読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

心と身体

昨年の冬、身体の不調があり病院に行きました。

 

身体の中に大きなポリープができていたらしく、良性のものなのか悪性のものなのかの検査をしてもらいました。

 

検査結果が出るまでの一週間はとてもながかったです。

 

最悪の場合のことしか考えられずに、結果が悪かったら家族に話すべきか、仕事はどうするのか、ほんとに色々考えました。

 

一週間後…検査結果は良性でした。

 

でも、今回、検査をしたことで他の病気が判明してしまいました。

 

その後の症状によっては手術になるようなのですが、今は経過観察中の状態です。

 

ストレスや過労の積み重ねの結果、長い年月の中でこの病気が育っていったようです。

 

私は若い頃から仕事中心の生活を送ってきました。

 

普段の私はどちらかというとのんびりしている方なのですが、仕事では完璧主義です。

 

実際には完璧はありえないことはわかっているのですが、できるだけそこに近づけたくてストイックに自分を追い込んでいました。

 

今思えば、身体に大きな負担をかけていたような気がします。

 

上司に「会社としては嬉しいけど、少しはどこかで調整しないとこのままではいつか身体を壊してしまう」とよく言われていました。

 

その時の私は「力を抜くこと」と「手を抜くこと」は同じことだと思っていて、任された仕事でそれはできないと頑なに思っていました。

 

でも今はわかります。

 

上手に力を抜くことで心に余裕もできて、良いアイデアが浮かんだり、良い仕事ができるということ。

 

あの頃の私は、責任ある立場で働いていたこともあって、誰よりも頑張らなければ…といつでも戦闘態勢だったように思います(笑)

 

私生活でも同じですね。

 

心に余裕をもつことで、いつでも穏やかな気持ちで過ごせるし、また穏やかでいることで、周りにいる人も幸せな気持ちになれます。

 

なんでもやりすぎはいけませんね。

 

心と身体は繋がっています。

 

どちらか一方が過剰になるとバランスを崩して身体を壊してしまいます。

 

考えすぎないことも大切です。

 

「ま、いっか…」と思えるようになれば少し楽になれますよね。

 

なんでもバランスです。

 

これからはもっと身体を大切にしながら、ベストを尽くすのが今の私の理想です。

 

 

 

ちなみに昨年、検査結果を待つ間に気分転換で新しいカメラを買いました。

 

それがきっかけで、前よりもっと写真を撮ることが好きになりました。

 

今の私の元気のもとです(^ ^)