天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

宮島 ③

千畳閣を後に、次に向かったのは厳島神社( 世界遺産 )です。

 

宮島といったら厳島神社が一番に思い浮かぶ方も多いと思います。

私が行ったこの日は干潮だったので、いつもは海の中の大鳥居の所まで歩いて行くことができました。(干潮からの6時間後が満潮です)

f:id:nekohachi88:20170526212433j:image

f:id:nekohachi88:20170526212620j:image

鳥居の下から見てみると…迫力ありますね。

高さ約16m、重さ約60tだそうです。

この大鳥居、海中に埋められているのではなく置かれてるだけらしく、自らの重みだけで立っているそうです。

台風が来ても倒れたことはないそうです。

本当に驚きです。

f:id:nekohachi88:20170526213208j:image

近くで見るととても大きな柱です。

宮島は島全体が御神体とされていたために海の中に大鳥居が建てられたそうです。

満潮時、干潮時で違う景色がそれぞれに楽しめるところが大きな魅力のひとつになっています。

個人的には満潮時の海に立つ大鳥居の方が神秘的で好きですね(^ ^)

 

早速、本殿へと進みます。

拝観料  大人¥300です。

f:id:nekohachi88:20170526214149j:image

f:id:nekohachi88:20170526214242j:image

f:id:nekohachi88:20170526214004j:image

朱赤がとても美しい回廊は何度通っても感動します。

この回廊の床板は釘を使っていないそうです。

その床に隙間があいているのは高潮時に床下から海水が上がってくる圧力を弱めるためだそうです。

海の上に建っているのでたくさんの工夫がされているようです。

f:id:nekohachi88:20170526214511j:image

いつも不思議に思うのですが長く続く回廊からご本殿が全く見えてこないのです。

見えそうで見えない…不思議な構造です。

f:id:nekohachi88:20170526220720j:image

干潮時にだけ現れる鏡の池です。

f:id:nekohachi88:20170526220835j:image

ここから見える五重塔も美しいです。

f:id:nekohachi88:20170526221056j:image

f:id:nekohachi88:20170526221141j:image

大鳥居を背に…ご本殿です。

海の神の三女神が祀られています。

本殿の広さは日本一だそうです。

f:id:nekohachi88:20170526221315j:image

f:id:nekohachi88:20170526221346j:image

今度はご本殿を背に…大鳥居です。

ちなみに今回撮った写真の中で一番気に入ってる写真です(^ ^)

f:id:nekohachi88:20170526221636j:image

反橋です( 重要文化財)

f:id:nekohachi88:20170526221816j:image

朱赤が美しく、なんともいえない神秘的な空間でした。

大鳥居も御本殿も海に建つという他にはない神社だからこその、隠れた工夫と美しさの追求がたくさんされているように思います。

日本の誇れる技術です。

日本の職人さんは本当に素晴らしいですね。

何度訪れても毎回感動してしまいます。

 

 

次は…大願寺です。

厳島神社を出るとすぐ隣にあります。

弁財天が祀られています。(日本三弁財天のひとつ)

今回、画像は無いのですが、こちらには九本松の隣に龍神の社があります。

この龍神の社は密かに⁇パワースポットと言われています。

でも私がオススメするのは白檀を使用した高さ約5mの厳島大仏  不動明王です。

迫力があり、でもどこか優しげな不動明王で私が今まで見てきた不動明王の中では一番の美しさを感じます。

残念ながらこの不動明王の写真撮影は禁止されているので写せませんでしたが、行かれた際には是非ご覧になっていただきたいです。

オススメです(^ ^)

 

次は大聖院へ進みます。