天色の好きなこと

好きなこと、好きなものなど、興味のあることを書こうかなぁ...と。

人の温かさ

今日はお店のお客様から、家庭菜園で収穫した野菜をいただきました。

f:id:nekohachi88:20170713213108j:image

ズッキーニと玉ねぎとトマトです(^ ^)

少し前には茄子もいただきました。

昨年も同じ方からズッキーニをいただいたのですが、炒め物に使うととても美味しくて♬

それを話していたからでしょうか…また今年も頂いちゃいましたッ♬

 

地元を離れて今の場所で暮らしはじめてから、もう10年が過ぎました。

はじめは友達や知り合いもいないし、方言もよくわからないし…寂しくて地元に早く帰りたいと何度も思っていました。

住んでる家も周りは知らない人ばかりだし、不安で寂しいなぁ…と感じていたそんなある日。

いつものようにキッチン側の窓から外を眺めていると、窓の外からおばあちゃんが手招きしています。

ん⁇ 私⁇…と聞くと、「ちょっと裏にまわってここまでおいで」と。

それは私の家のすぐ裏に住んでいるおばあちゃんでした。

それまで全く話したことがなかったので、どうして声をかけてくれたのか不思議でした。

なんだかとても嬉しくなって、すぐにおばあちゃんの元へ。

「こんにちは」と私からあいさつをすると…

「お姉ちゃん、最近引っ越してきたばかりやろ。寂しいときはいつでも遊びにおいで。」

「うちで穫れた野菜を持って行きなさい」とたくさんの野菜をくれました。

心配してくれていたのでしょうか…。

温かい想いが嬉しかったですね〜。

本当に嬉しかったです。

今でもそのおばあちゃんはいつも私のことを気にかけてくださっています(^ ^)

 

この土地で働きはじめたばかりの頃は、お店で接客をしていても「あなたここの人じゃないね〜」と冷たく言われるし、県民性の違いからか、なかなか接客のタイミングやコツが掴めなくてとても苦労しました。

それが今では「店長に会いたいからちょっと寄ってみた」とか「顔を見にきたよ〜」とか、さらには遠くまで車を走らせ、美味しいスイーツをわざわざ買ってきてくれたり。

料理上手な男の子は「店長に唐揚げを食べさせたい」と言って、まだ温かいうちに自分で作った唐揚げをお店まで持って来てくれたり。

本当にとてもありがたいです。

みなさんにはいつも甘やかされています(笑)

 

はじめは知らない土地で寂しいばかりでしたが…今ではこの場所は私にとって地元と同じように大好きな場所になりました(^ ^)

10年以上たった今でも、わからない方言はたくさんあるんですけどね(笑)

それもまた楽しいです♬

 

どの県でもどの場所でも関係なく、人との繋がりはやっぱり温かくて素敵なものですね(^ ^)

 

広告を非表示にする